鍋 吹きこぼれ

餃子を焼くとき、水を差して蒸し焼きする方も多いと思います。

そのときに油が飛び散り熱い思いをしたり、キッチンを汚したりという経験もあるかと思います。

そんなときにコッフブルームを使用することで、油はねの心配をなくすことができます。

使い方はいたって簡単で、火をつけたフライパンに餃子を並べたあと、コッフブルームをフライパンの上に置くだけです。

餃子に焦げ目がついてから置いても構いません。

餃子に焦げ目がついたらコッフブルームの花びら部分から水を注ぎます。

そのまま水がなくなるまで焼くだけで簡単にパリパリジューシーな餃子にすることができるのです。

水が多い場合はコッフブルームを外して、蒸発させるか水を捨てるかするだけで、簡単にお店のような餃子を作ることができるのです。

コッフブルームを使用するだけで油はねを予防することだけでなく、美味しい餃子を作ることもできますし、便利で使いやすいコッフブルームは、さまざまな料理で利用することができます。